【創業のあゆみ15】フジテレビ「おじゃマップ」番組内でGGC高崎本店紹介

1975年(昭和50年)、上州牛ステーキとハンバーグ専門店GGC・黒毛和牛ハンバーグ Happy Burgの現代表取締役 福島 健司(ふくしま たけし)の父 健一が創業したGGC。

1983年、新紺屋町から北部環状線沿い(現GGC高崎本店)へ移転、1993年 世代交代をし、2007年に2店舗め「黒毛和牛ハンバーグ Happy Burg」を出店。2009年には3店め「びふてき屋」を出店、2011年3月「GGC前橋店」へと業態変換しました。同年は業績不振でしたが、業績の見直しとソーシャルメディア活用をして2013年にはV字回復。

2014年9月・2015年2月とフジテレビ系「おじゃマップ」番組内でGGC高崎本店を紹介していただくといううれしいメディア露出が実現!

2015年1月は、群馬県前橋市で開催している「T-1グランプリ」でGGC前橋店が決勝戦へ進出することができました。

決勝戦エントリーメニュー今のGGCの原点・こだわりがつまった「GGCハンバーグ」をたくさんのお客様にたべて頂ける!とうい本当にうれしい事が実現しました。

いままでとは違ったお客様、常連のお客様にさらに満足して頂けるように、社内教育には一段と力を入れました。

記事がよかったらシェアをおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です