疲れた時には豚肉です

疲労回復に効果があります。

デミグラスハンバーグ

豚肉は現代人に不足しがちなビタミンB1が豊富に含まれ、疲労回復に効果を発揮するだけでなく、頭と心の元気の素でもあります。このB1は別名「疲労回復ビタミン」といわれ、疲労回復用ドリンク剤の主成分として使われています。疲労は、体に溜まった老廃物が上手に代謝されないことによって起こります。

私たちの体のエネルギーを生み出す栄養素にはタンパク質、脂質、糖質があり、このうち糖質がエネルギーに変わるとき、欠くことのできないのがビタミンB1です。B1は糖質が分解されるときに働く酵素をサポートする役目をするので、B1が不足すると糖質が分解されず、乳酸などの疲労物質が溜まります。

日本人はエネルギーの多くを、主食である米の炭水化物つまり糖分に頼っているので、B1は常に元気でいるためにとても重要な栄養素です。また糖質は脳の唯一のエネルギー源であるため、B1が不足すれば神経が正常に機能しなくなって、イライラ、集中力の低下、物忘れの症状が起きます。こうした心と頭の症状は、体よりも先に現れてきます。

B1の豊富に含まれている食材はたくさんありますが、B群は水に溶けやすく、調理損失が大きいという弱点があるため、野菜類よりも豚肉のほうがB1の摂取に適しています。

赤城山ヒルクライム

豚肉のビタミンB1含有量は、鶏肉や牛肉の5~10倍もあります。部位によって多少の違いはありますが、100~150g食べれば1日の所要量を満たすことができます。ビタミンB1はアリシンと一緒に摂ると吸収率が高まるので、アリシンを多く含むニンニク、ネギ、玉ネギ、ニラなどと組み合わせると有効的です。豚肉にはこのB1以外にもビタミンB2・E、ナイアシンなどが豊富に含まれています。

食べ過ぎると疲労の元凶、ピルビン酸が増えて、体内の水素と結びついて疲労物質の乳酸がたまってしまいます。 これを回避するためには、クエン酸を同時に摂取します。 クエン酸によって、ピルビン酸はクエン酸に変わります。肉類に、レモンやスダチが合うのは、こういうことだったんですね。 その他、豚肉はたんぱく質も良質なものを豊富に含んでいます。 もも肉100gに含まれるたんぱく質を他の食品換算しますと、卵なら2個、ご飯なら茶碗6杯、牛乳では700mg相当のもなるそうです。

元祖チーズインハンバーグ

GGCグループのあいびきハンバーグは上州牛と上州麦豚100%のあいびきハンバーグを使用しています。疲れをとりたい時には、あいびきハンバーグを注文してください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。記事がよかったらシェアお願いします!!

◆ラインお友達募集中!!
お友達になるとその場でつかえるソフトドリンククーポンプレゼント

GGC前橋店友だち追加数

GGC高崎本店友だち追加数

黒毛和牛ハンバーグHappy Burg高崎中泉店 友だち追加数

2015年9月14日オープン!Happy Burg高崎倉賀野店友だち追加数
●お得な情報配信中のメール会員募集中!

・「毎月29日肉の日」50%ポイント還元や、オリジナル商品1品サービスクーポンは、GGC前橋店から、お届け中です。

・「毎月19日肉の日」50%ポイント還元や、おすすめ商品割引クーポンはGGC高崎本店から、お届け中です。

・「毎月9日肉の日」50%ポイント還元や、おすすめ商品割引クーポンは、黒毛和牛ハンバーグ Happy Burgから、お届け中です。

 

記事がよかったらシェアをおねがいします!

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です