貧血防止には牛肉です

牛肉は、鉄が豊富なことが特徴的です。

鉄は、豚肉よりも多く含まれており、貧血にも有効とされています。牛肉に含まれる鉄は、ヘム鉄と呼ばれ、野菜や豆類に含まれる非ヘム鉄に比べ、吸収率が数倍よいことが知られています。ビタミンCが豊富な緑黄色野菜といっしょに食べると、さらに吸収率が高まります。

※鉄は、体内では赤血球のヘモグロビンに含まれ、全身に酸素を運ぶ役割をになっています。

亜鉛も多く含まれていますが、亜鉛には傷の回復や子供の発育、味覚を正常に保つなどの働きがあります。

また、牛肉は、たんぱく質の元になるアミノ酸のうち、必須アミノ酸がバランスよく含まれているのが最大の特長とも言えます。たんぱく質は、筋肉や内臓、血液、免疫物質、神経の伝達物質などの体の主要な部分を構成します。子供の成長はもちろん、体力の維持や回復には欠かせません。

※必須アミノ酸・・・アミノ酸のうち、体内で合成することができないため、食品から補わなければ摂取できないものを言います。

牛肉に含まれる脂質は、飽和脂肪酸が多く、エネルギー源として効率が高く、リンパ球の働きを活性化する作用などもありますが、摂り過ぎると動脈硬化などの生活習慣病の原因となります。

脂質の含有量は、部位によって大きく異なり、ヒレが少なくサーロインやリブロースが多くなります。

牛肉は、たんぱく質、脂質、鉄を多く含む栄養価の高い食品です。

上州牛ヒレ

脂質の含有量がすくなく、赤身がおおい上州牛ヒレステーキ。赤身主体で和牛のおいしさを味わえます。上州牛を1頭買いしているGGC高崎本店、前橋店。高品質のヒレステーキをお楽しみください。

最後まで読んて頂きありがとうございます。いいね!プラス、ツィート等もお願いします。

記事がよかったらシェアをおねがいします!

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です