飲食店で働く中で1番大事なことは

「今まで自分がされて嫌だと思ったことは、絶対にお客様にしない。」という事です。

フードサービス業、飲食店で働きたい!とおもったあなた。どうしてですか?

家の近くにあるから。友だちに紹介されたから。おいしい食事がたべられるから。簡単そうだから。理由は、いろいろでしょう。

また、今まで1度も外食をしたことがないという方は、いますか?

今の日本に現状から考えると外食をしたことがない人を探すほうが大変でしょう。そう考えると、もっとも身近で親しみやすい職業の1つがフードサービス業=飲食店といえるでしょう。

飲食店で働くという事は、あなたが、食事をだしてもらう側から、お客様に食事を出す側にかわるという事です。

最初のうちは、覚えることがたくさんあり、大変です。でも、お客様にしてみれば、今日から働き出したあなたも、何年も働いている先輩も、店長も、みんな同じなのです。お店のスタッフの1人として、期待しているのです。

あなたが、いままで外食をした際、嫌な気分になったことは、ありませんか?その時のことを思い出してみてください。

店内にはいったのに、「いらっしゃいませ」と言われなかったとしましょう。この時点で、あなたは、ちょっと不満です。遅れて案内にきたスタッフから、「お待たせして、申し訳ございません。」の一言もなく、普通に案内されます。あなたは気の利かないお店だなと思うでしょう。案内されたテーブルがちょっと小さ席でした。あなたは、なんて嫌な感じの店だと思うでしょう。

でも、店内に入った時に、元気よく「いらっしゃいませ」と言われたら、どうでしょう。また、声かけが遅くなってしまっても、スタッフから「お待たせして、申し訳ございませんでした。」と一声をかけられたら、どうでしょう。あなたは気持ちよく食事をして、いい店だったと思うはずです。(ちょっと小さ席に案内されても、さほど気にならないはずです。)

ここで、重要なことは、『食事をする前の段階で、料理に対する評価がきまってきている』ということです。ちょっとして心配りで、同じ料理が最高な料理になるのです。また、その逆の評価にもなり得るのです。

ここであなたが1番大切にしなければいけない事は、「今まで自分がされて嫌だと思ったことは、絶対にお客様にしない。」という事です。

「来た時よりも幸せに」なっていただく事が、大事です。

この考えを実践できる力を身につけておけば、他の職業でも、家庭でも、学校でも、あらゆる人間関係で必ずプラスに作用します。なぜなら、自分がされて嫌だと思う事は、相手の人も不快に思う事だからです。

HAPPY ISLANDの経営理念 『来た時よりも幸せに』

GGCおじさん

記事がよかったらシェアをおねがいします!

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です