「おいしい料理」はQHAから

飲食店で働く上で理解しておいて欲しい大切な三本柱。それが、Q・H・Aです。

Q(クオリティ)・・・・・商品が美味しい。品質がよいこと。

H(ホスピタリティー)・・・親切なおもてなしの心

A(アトモスフィアー)・・・清潔でふいんきがよいこと、快適な空間、店内

「おいしい料理をだしてさえいれば、お客様がよろこんでくれ、繁盛する。」という考え、飲食店で働く上で1番、まちがえやすい部分では、ないでしょうか。

あなたが、お金を払うお客様側になって考えると簡単に理解できます。

あなたが外食した時のことを思い出してみてください。店内にはいると活気があり、元気よくスタッフから声をかけられました。案内されたテーブルは清掃がいきとどいていて清潔です。

ステーキ&ハンバーグ

メニューから選んだどおりのアツアツの料理が、ちょうどいいタイミングで食べられました。スタッフの説明も適切で、とても感じのよく思えました。そして、会計。この金額でこの「おいしい料理」なら、また来たいなと思いました。

そこで、あなたが思った「おいしい料理」。『おいしい』というのには、店内に1歩お客様が足を踏み入れた時から、店外にでるまでのすべてを評価して「おいしい料理」としていませんか?

Q(クオリティ)・・・メニュー通りの料理、熱い料理は熱く、冷たい料理は冷たい内に、(商品が美味しい。品質がよいこと。)

H(ホスピタリティー)・・ちょうどよいタイミングで、すてきな笑顔をとともに(親切なおもてなしの心)

A(アトモスフィアー)・・清掃がいき届いた店内、きれいな食器(清潔でふいんきがよいこと、快適な空間、店内)

そう、飲食店の三本柱「Q・H・A」すべてができた店内で食事をしたかから、あなたは、「おいしい料理」と評価し、また来店したいとおもったのです。

HAPPY ISLAND経営理念 「来た時よりも幸せに」

GGCおじさん

記事がよかったらシェアをおねがいします!

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です