リブロースはどんな肉?

ribu

リブロースはヒレより前面にあり、頭部に近い肩ロースとサーロインの間にあります。ロース部分の中でもっともきめが細かく霜降りになりやすい部分です。脂身の色が真珠色に近い方が良いロース肉といわれます。

牛肉は、捨てる部分がないほどいろいろな調理に使用されています。また、どの場所も肉の旨みを楽しめるのが特徴です。リブロースの部分は身体全体でもあまり動かさない部分です。そのため、柔らかく脂の濃厚な旨みがあります。和牛などでブランド牛となると、品質も徹底管理されていますので、その味は絶品です。

上州牛リブロース

ロースはロースト(焼く)という意味からきているようで、焼くに適した肉とされています。リブロースはもっとも焼くに適した最上級部位として位置づけられています。

リブとは、アバラを意味していてサーロインに比べ赤身と脂質のバランスがよくキメ細かく、肉自体の風味をもっとも堪能できる部分でしょう。サーロイン同様に1頭から20kgほどしかとれず、貴重で人気の部位です。

ステーキや、ローストビーフとして食べるのに最適です。

上州牛ステーキとハンバーグ専門店GGC高崎本店、前橋店では、上州牛リブロースステーキ 150g 1,980円から、オーダーカットでご用意しております。ランチタイムは同じ価格でライス、サラダ、スープ付です。晴れの日のお食事として、大変ご好評をいただいております。

●お得な情報配信中のメール会員募集中!

・「毎月29日肉の日」50%ポイント還元や、オリジナル商品1品サービスクーポンは、GGC前橋店から、お届け中です。

・「毎月19日肉の日」50%ポイント還元や、おすすめ商品割引クーポンはGGC高崎本店から、お届け中です。

・「毎月9日肉の日」50%ポイント還元や、おすすめ商品割引クーポンは、黒毛和牛ハンバーグ Happy Burgから、お届け中です。

 

記事がよかったらシェアをおねがいします!

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です