あなたのお口においしいハンバーグがはいるまで

上州牛ステーキとハンバーグの店GGC高崎本店・前橋店、黒毛和牛ハンバーグHappy Burgで使用している肉は、全て、自社で加工していいます。 上州牛を1頭買いしていますが、おおきな冷蔵庫がないため、上州牛を取り扱える専門業者で、1頭分を保存してもらい、必要に応じで納品してもらっています。納品されるときは、大きな部位ごとです。

ここから、おいしいステーキとハンバーグが提供できるように、お肉の掃除が始まります。

おおきな部位で納品されます上州牛ステーキとハンバーグの店GGC高崎本店・前橋店、黒毛和牛ハンバーグHappy Burgのあいびきハンバーグで使用しているハンバーグ用の牛肉は、主にブリスケという部位を使用しています。 前足の付け根のある胸肉で霜降りがきれいにはいりやすく、焼き肉店では、並カルビで使用される部位です。

お肉をカットまずは、各部位ごとのお肉をステーキ用、ハンバーグ用にわけます。そこから、ハンバーグのひき肉にするのに必要ないスジをカットしていきます。部位により脂、スジの場所が違うので、ひとつひとつ手作業で、カットしていきます。これは、経験が必要な仕事です。ここは、店舗の味をきめるいわば、心臓部分です。オーナーが、ひとつひとつ手で確認しながら、おこなっています。

カットしていきます

ハンバーグ用に、牛脂といらないスジを分けていきます。 選別された肉ハンバーグ用のひき材と、牛脂ができました。

わけられたお肉合挽きハンバーグ用、上州牛ハンバーグ用とわけて、ハンバーグ用のひき肉を作っていきます。

ひきにくをつくります

専用の機械にさきほど、わけたお肉をいれて、ひき肉が、出来きあがります。

ひき肉ができました これに、調味料を加えて、ミキサーで混ぜていきます。

ひき肉製造中このひき肉を、ひとつひとつグラム数をはかって、お団子にしていきます。

ハンバーグのたね

店舗であなたが、キッチンを覗き込んだ時にみれるハンバーグの形は、ここからです。これを一つ一つハンバーグの形にしていきます。

席で座っている時に、パタパタという音が聞こえてきたら、それは、ハンバーグを成形しているまさに真っさい中なのです。

上州牛ハンバーグのパテ最初のうちは、どのスタッフもこの作業で手首が痛くなります。このハンバーグをご注文に応じてトッピングをつけていきます。

上州牛ハンバーグひとつひとつの段階をへて、できたハンバーグ。

チーズハンバーグ

最高においしい状態でお客様に食べてもらえるように丁寧にもりつけ、アツアツの状態であなたのお席へお届します。チーズハンバーグ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!上州牛ステーキとハンバーグの店GGC前橋店をよろしくおねがいします。いいね!・プラス・ツィト-等もお願いします!

●お得な情報配信中のメール会員募集中!

・「毎月29日肉の日」50%ポイント還元や、オリジナル商品1品サービスクーポンは、GGC前橋店から、お届け中です。

・「毎月19日肉の日」50%ポイント還元や、おすすめ商品割引クーポンはGGC高崎本店から、お届け中です。

・「毎月9日肉の日」50%ポイント還元や、おすすめ商品割引クーポンは、黒毛和牛ハンバーグ Happy Burgから、お届け中です。

 

記事がよかったらシェアをおねがいします!

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です