おいしいステーキがあなたのお口にはいるまで(その1)

上州牛ステーキとハンバーグ専門店GGC高崎本店・前橋店、黒毛和牛ハンバーグ ハッピーバーグのステーキはすべて自社で加工しています。「自社で加工って、お肉のブロックをただ切って、出しているだけでしょ!」って、思いませんか?
そうではないんです!お肉を仕入れてから、あなたのお口に入るステーキになるまでには、一手間もふた手間もかかっているのです。

上州牛ステーキとハンバーグ専門店GGC高崎本店・前橋店、黒毛和牛ハンバーグ ハッピーバーグでは、上州牛を1頭買いしています。

おおきな部位で納品されます

大きさはというと、オーナーがサーロインのブロックをもってきてくれました。

福島健司オーナーの顔より、大きいです!!(オーナーは小顔では、ありません。)部位により異なりますが、どれも重さ5kg以上あります。

ブロックで仕入れることで、1頭から少ししかとれないミスジイチボカイノミザブトンなどの希少部位ををステーキとして提供できます。

j-12

また、サーロインステーキ、リブステーキとなる部位が安く仕入れることが、出来るのです。さらに、ハンバーグ用の牛肉にも、上州牛のおいしい部分(焼き肉として食べられる部位)を利用することが、できるのです。

ヒレステーキ

ただ、賞味期限があるので、それまでにステーキとハンバーグが売れないと、すべて廃棄となります。その廃棄を減らし、最高においしい状態であなたに食べてもらえるように、各店舗では、真空保存した状態で保管しています。

オーナーが厳選したステーキ

「でも、なんか、味気ないんだよ。あの、肉の塊がいいんんだよ!」はい、わかります。
「大きなブロックで、ショウケースにいれて、あなたにみてもらって、注文を聞いてから、カットして、、、」ということも、できます。

上州牛リブロース

しかし、それをしないのは、オーナーのステーキへのこだわり「あなたのお口にはいるステーキは、どのお店で食べても、最高の状態にしたい!価格も、出来る限り抑えたい。」という思いからです。

j-2

1頭買いで、「同じランクの牛肉を仕入れている」といっても、同じランクでも、肉の状態はいろいろです。(ピンからキリまであるんです。)なるべく、良い状態であなたのお口にステーキがはいるようする為に、牛肉の品質管理が重要になります。

また、大きなブロックの状態でショーケースにいれるということ⇒真空包装をとり、生肉が空気にふれた状態で保管⇒商品の劣化が始まるります。

ステーキ肉

あなたがステーキを食べた時に、乳臭い匂いがしたこと、ないですか?それが、やや劣化したステーキの特有な匂いです。ヒレステーキの場合は、真空パックを開けてから2-3日の内に販売しないと商品価値がなくなります。

売れ残った場合は、廃棄です。となると、廃棄分を見込んだ価格を商品につけなくてはなりません。結果、あなたのお口にはいるステーキの品質は同じなのに、価格が高くなってしまうのです。

どの店舗もオーナーと働くスタッフみんなのが詰まった店。その店舗の足をはこんでくれたあなたに、いつも「来た時よりも幸せに」な気持ちで食事を終えてほしいから、オーナー自らが、お肉の選別、お肉のカットをしています。

カイノミステーキ

おいしいステーキがあなたのお口にはいるまで(その2)も、読んでください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!上州牛ステーキとハンバーグの店GGC前橋店をよろしくおねがいします。いいね!・プラス・ツィト-等もお願いします!

●お得な情報配信中のメール会員募集中!

・「毎月29日肉の日」50%ポイント還元や、オリジナル商品1品サービスクーポンは、GGC前橋店から、お届け中です。

・「毎月19日肉の日」50%ポイント還元や、おすすめ商品割引クーポンはGGC高崎本店から、お届け中です。

・「毎月9日肉の日」50%ポイント還元や、おすすめ商品割引クーポンは、黒毛和牛ハンバーグ Happy Burgから、お届け中です。

 

記事がよかったらシェアをおねがいします!

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です