名わき役のレモンバターが、味のきめて

「ステーキとハンバーグの上にのっている黄色いものは何ですか?」よくお客様から聞かれる質問です。レモンバター

それは、「レモンバター」です。ステーキやハンバーグの上にのっているレモンとその上のバターをあわせたものを、店舗では「レモンバター」とよんでいます。

レモンバター

「レモンバター」を、ステーキやハンバーグにのせているのか?というと、GGCの「レモンバター」は料理のアクセントだからです。ないと何だか、一味たりない味です。刺身のわさび、ホットドッグのマスタードと同じです。

創業当初は市販の物を利用していましたが、大手にはできない事の1つとして考え出しました。

この「レモンバター」は、てづくりです。2種類のバターを自然解凍後、パセリをいれてまぜてから、バットにいれて冷やします。

レモンバター

カットされたレモンバター

かたまったら、適当な大きさにカットして、ラップでつつみます。

GGC高崎本店、前橋店レモンバターも手作りです。

GGC高崎本店、前橋店レモンバターも手作りです。1本づつラップでつつみ、解凍して手で伸ばします。これを、手で、細長く伸ばします。

レモンバターここで、手早くやらないとバターがとけてきて、大変。かたすぎると細長くならず、苦労します。また、力いっぱいやると、ラップが破けて、バターが中からでてきしまい、1本分無駄になります。

レモンバターここで、また冷凍します。

レモンバターバターが溶け出す前に適当なおおきさにカットします。そこで、また冷凍します。

GGC高崎本店、前橋店レモンバターも手作りです。

適当な大きさにカットして冷凍させます。適当な大きさにカットして冷凍させます。スライスレモンとあわせて「レモンバター」のできあがり!

GGC高崎本店、前橋店レモンバターも手作りです。

と、みため以上に手間暇がかかっている「レモンバター」です。温かいキッチン内においておくと、すぐに溶けてしまうので、ギリギリまで冷蔵庫の中でひやしておきます。   remonn-4アツアツステーキの最後の仕上げに、「レモンバター」をのせて完成!食べるときは、バターをお肉の上でとかしてから、お好みでレモンをしぼってください。

ひとつひとつの商品をできるだけ手作りすることで、お客様に安心して食事をたのしんでいただくこと。お客様に「来た時よりも幸せに」なっていただくことが私達の幸せです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!上州牛ステーキとハンバーグの店GGC前橋店をよろしくおねがいします。いいね!・プラス・ツィト-等もお願いします!