つけあわせの人参に生人参を使うのはなぜ?

今日は、外食!うれしいですね。楽しみにしていたハンバーグがでてきました。「あっ、でも、苦手な人参がのってる。ハンバーグはたべるけど、人参は残そう。」

ああ、ちょっと待って!もったいない。GGC高崎本店・前橋店、黒毛和牛ハンバーグ HappyBurgの人参は他とはちょっと違うんですよ。GGCグループのつけあわせの人参はてづくり

料理のつけあわせにのっている人参。色が鮮やかで、料理いろどりがよくなります。また、他の赤い色の食材と比べると年間を通して手に入りやすく、価格も安定していて、あつかい安い食材です。

人参にふくまれるカロテン(ビタミンA)が、のどや鼻の粘膜を丈夫にし、細菌に対して免疫力を高める効果があるので、常食すると風邪予防にもなります。

GGC高崎本店・前橋店、黒毛和牛ハンバーグ HappyBurgでは、付け合せの人参も手作りです。つけあわせのニンジンまずは、人参の皮をむきます。ここで、皮がのこってると仕上がりに皮が黒く残るので丁寧さが重要です。

つけあわせのニンジン

そのあとに、ちょうど良い大きさにカットします。つけあわせのニンジンこの人参のカットの仕方も重要です。

つけあわせのニンジン大きすぎると、生ゆでになり、ちいさすぎると煮崩れてしまいます。どちらも、お客様に出すことができません。

つけあわせおおきなお鍋で、茹でます。ここで、企業秘密の隠し味を投入します。

__これで、つけあわせの人参、完成です!

商品へのこだわり

1皿に2-3個のっているだけ付け合せの人参。付け合せ用の冷凍の人参もありますが、仕入れ価格が生の人参より高くなります。できるかぎり地産地消、すこしでも安い価格で安心して料理を食べて頂きたいという思いから手作りにこだわります。「来た時よりも幸せに」なっていただくための、小さな努力です。

ひとつひとつの商品をできるだけ手作りすることで、お客様に安心して食事をたのしんでいただくこと。お客様に「来た時よりも幸せに」なっていただくことが私たちの幸せです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!上州牛ステーキとハンバーグの店GGC前橋店をよろしくおねがいします。いいね!・プラス・ツィ-ト等もお願いします!