【創業のあゆみ16】GGC前橋店が角川映画 橋本環奈初主演「セーラー服と機関銃~卒業~」のロケ現場として使用!

1975年(昭和50年)、上州牛ステーキとハンバーグ専門店GGC・黒毛和牛ハンバーグ Happy Burgの現代表取締役 福島 健司(ふくしま たけし)の父 健一が創業したGGC。

1983年、新紺屋町から北部環状線沿い(現GGC高崎本店)へ移転、1993年 世代交代をし、2007年に2店舗め「黒毛和牛ハンバーグ Happy Burg」を出店。2009年には3店め「びふてき屋」を出店、2011年3月「GGC前橋店」へと業態変換しました。同年は業績不振でしたが、業績の見直しとソーシャルメディア活用をして2013年にはV字回復。

あわせて高崎、前橋地域イベントへも積極的に参加を始めました。最初は、ハンバーグ弁当や、既製品のからあげなどを販売していましたが、他店との価格競争となるため、販売を中止。

オリジナリティを追及して、イベント時だけの特別メニュー「ぐんまちゃんバーガー」「牛ステーキ串」を開発。

同時に、ソーシャルメディアを活用した集客とお店のファン作りのためお客様に「#ggc」をつけての投稿の声掛けを行っていきました。

また、2014年2月にはそれまでやってみたいと考えていた学生とのコラボメニュー販売が実現。

少しづつではありますが、地元新聞、雑誌などのメディアへの露出が増えてきた中、
セーラー服と機関銃GCG前橋店が2016年3月公開、角川映画 橋本環奈初主演「セーラー服と機関銃~卒業~」のロケ現場として使用されました。

橋本環奈さまサイン。

長谷川博己さまサイン。橋本環奈初主演セーラー服と機関銃

「セーラー服と機関銃-卒業-」のチラシにも、GGC前橋店での撮影シーンが掲載。

セーラー服と機関銃ロケの話を紹介してくれた「高崎フィルムコミッション」スタッフの方のアドバイスからロケ弁当を開発、販売を始めました。