【GGCの由来】GGCおじさんってどんな人?

「GGCおじさん」って、いったい何者なんでしょう?

話は、GGC創業当初1976年頃にさかのぼります。 当時、全国チェーンをしていた「G.G.C.」。当初はドイツ居酒屋で、そのチェーン店として加盟していた時代の看板に書かれていたのがこのおじさんだったのです。

ドイツの居酒屋(パブ)には、こうした店ごとの紋章があります。

この紋章として描かれていたのがこのおじさんだったんですね。

ぶどうはワインを表し、豚は原材料となっているソーセージを表しています。美味しいワインとソーセージをたくさん食べて欲しい。そんな願いが込められたキャラクターです。もちろんドイツはハンバーグの発祥地、当時からGGCではおいしいハンバーグを提供してきました。

そんな今のGGC高崎本店をGGCおじさんは店内から見守ってきたのです。(年数をかさね、この緑色のおじさんは、最後の1個になってしまいました。)

GGCの歩みをずっと見守ってきてくれた「GGCおじさん」。ぜひ、かわいがってあげてくださいね。