上州牛って、どんな肉?銘柄牛 和牛トップレベルの肉質

「上州牛」は、群馬県で育ち、群馬県食肉卸売市場で上場される 和牛トップレベルの肉質といわれている交雑牛の総称です。上州牛

群馬県は、利根川水系の豊富な水資源と上毛三山 (赤城山・榛名山・妙義山)に囲まれ、畜産が盛んな地域です。 この環境の中で育てられた群馬の肉牛は古くから風味の 豊かな牛肉として知られていました。また、東京などの消費地では群馬産であったため、通称「上州牛」と 言われ、親しまれてまいりました。

1976年JA群馬経済連(現 全農群馬県本部)を 中心に県下の肉牛肥育農家の協議会により、改めて和牛肉質等級 「上」以上を「上州牛」と位置づけてて、現在に至ります。

群馬県で産まれた牛でも、育ちと、肉処理場が県外ならば、その土地の牛肉として出荷されます。群馬県うまれでも、他の県で育った場合は、上州牛にはなりません。(個体識別番号がありますので、どこで産まれ育ったかは、簡単に確認できます。)

和牛とホルスタイン種との間に生まれた交雑種(F1)の上州牛は病気に強く、体が大きくなるので、良質な牛肉を作ることができます。また、群馬県の風土にあった品種です。

いわゆるブランド牛となにが違うのかというと「血筋と育った場所と餌と空気が違います。」という事です。

上州牛カイノミ

そんな上州牛の、希少部位をステーキとしてご提供できるようになりました。

入荷状況の確認はお電話、またはLINEからどうぞ。

GGC高崎本店→027-362-8887 LINE→https://line.me/R/ti/p/%40ggct

GGC前橋店→027-289-4903 LINE→https://line.me/R/ti/p/%40mggc