子宮筋腫 手術後の生活 入院編 その1

2019年9月27日に子宮と卵管を全摘出の手術。

はじめての全身麻酔で心配でしたが、手術は無事成功。

午後の手術だったので、一晩、集中治療室ですごし、

翌日の午前中に病室へ。手術あと1日目。

点滴をしながらも昼食はおかゆが!

前日から何もたべていなかったので、おかゆが美味しいこと。

とはいえ痛みはあり、たっているのがつらく、ベットで横に。

手術したところが痛いので、体位をかえるのがつらいけれど

昨晩はそれができず、つらかったので、動けることに感動!

点滴もとれて、うれしい!!

寒暖の差のせいか、くしゃみをすると、おなかが痛いこと、痛いこと!

午後の手術あとの診察があり、自力で診察室まで移動。

診察時に気分がわるくなってしまい、車椅子で病室へ。

横になっていたのですが、気分が悪く、最悪な気分。

夕食は食欲がわかず、ほとんど食べることができませんでした。

食事をとらなかったせいか、20時ごろから気分がわるくなり、再度点滴をしてもらいました。

その点滴で??よけいに気分がわるくなり、うとうとしているうちに

翌朝に。

手術あと2日目。

食事をとらなかったことが、原因かなと思い、朝食は食欲がないけれど時間をかけながら、とりました。

そうしたら、不思議!気分が悪いのが、みるみると、よくなりました。

お昼も、おなかは空いていなかったのですが、時間をかけて、たべるとさらに調子がよくなりました。

点滴もとれて、気分もよくなり、夕食もほぼ完食できました。

でも、まだせきをすると、おなかが痛い!看護婦さんに、「おなかをおさえてせきをすると楽だよ。」と教えてもらい、おなかをおさえて、せき!でもやっぱりまだまだ、お腹は痛いです。