子宮筋腫 手術後の生活 1年6か月後(2021年2月5日)

40歳後半に【2019年9月27日に子宮と卵管を全摘出の手術】

仕事 飲食業。趣味 硬式テニス。子供が3人。その後の生活、体調、世界観の変化を書いています。

2021年2月5日(金)

明日は、楽しみにしていた硬式テニスの大会。

昨年は子宮筋腫の手術後、初めての大会で練習不足を痛感したので、今年は仕事以外のほとんどの時間をテニスに使い、万全の体制で大会に挑む!予定だったのですが、、、

コロナの影響で市独自の緊急事態宣言がでて、運動場など密になりやすい場所はしばらくの間、使用禁止。

その影響で会場のテニスコートも使用不可となりました。

しょうがないとはいえ、本当に残念、、、、、。

50歳まじかだけど、先週から動画をみながらの毎晩、5分から15分の体幹トレーニングをして、身体能力の衰えをすこしでも、ゆっくりにしようとがんばっていたのに、、、。

その話を家族にしたら、「まだ今度があるからいいじゃないか。この1回しかない高校生や、中学生のくらべたらマシでしょう。」といわれ、「そうだよね。」と言いながらも、「そうはいうけど、次回なんて、仕事かもしれないし、健康でいられるかわからないよ。」と心の中で反論しました。

今回の件であらためて実感したことは、「健康であることの大切さ」「できる事は明日に延ばさず、今日のうちに納得できるまでやる事。」「チャンスとおもったら、ためらわずにやる事。」です。

明日なんて、どうなるか分からない。

1日1日を大切に精いっぱい生きるぞ!!

この大会のために本当にこの1週間は真剣に仕事をして、ダラダラしそうになる自分を𠮟咤激励して頑張る事ができました。その小さな成功体験を胸に、明日は練習をがんばるぞ!!